はたじょアンケート『子どもの視力低下について』|広島の広告・出版は、株式会社トマトコーポレーションへ。

はたじょアンケート『子どもの視力低下について』

子どもの視力低下実態アンケート


最近、メガネの子が増えている印象はありませんか?
小学校へ入学すると健康診断で視力検査が行われます。
でも、未就学児の場合は、自主的に眼科でチェックしないと視力が悪いことに気づけないことも。
今、スマホやタブレットで遊ぶ幼児も多く、視力への影響が気になるところ。
そんな子どもの視力低下に関する実態アンケートを行いました。




Q1


Q2


Q3

定期的に眼科を受診。
YouTubeを見るのが好きな5歳と2歳ですが、基本的に家では禁止!幼稚園、保育園に行く片道15分の車内のみの視聴!どうしてもの時は高い所へ置いて音声のみで楽しませています。
テレビに近づきすぎない。小さい頃からスマホを見せない。
ゲームの時間を制限する。
スマホやタブレットをほぼ触らせない、ゲームも所持しない。
タブレットにブルーライトカットの保護シールを貼っている。
テレビや本を読んだりする時は電気を明るくするように心がけています。
ゲームの時間を決める事と、少しですが外を眺める時間を作ってます。